ペットショップで購入するメリットは?

犬を飼いたい!そう思ったとき、まず最も初めに考えつくのはペットショップでの購入ではないでしょうか。血統書のついた犬を飼いたいと思ったとき、ペットショップでの購入は、安心のできるものであるといえます。

犬を飼うときは、えさやケージ、お散歩用の縄など最低限そろえておかなければならないものの他に、しつけ用のオヤツやオモチャなども必要になってきます。

ペットショップではグッズの販売も行っていますので、何を買えば良いのかわからないとき、店員さんにアドバイスを貰いながらグッズなどを購入することが出来ます。

そのペットショップで育った犬ですから、店員さんもその犬の性格をよく理解しているため、その犬に合ったグッズを紹介してくれるという利点があります。

スポンサーリンク



ペットショップで購入するデメリットと注意点

しかし、ペットショップにも良くない点がいくつかあります。産まれて数カ月の子犬がショーウィンドウに入れられていますよね。実はこのような状態はあまり犬、特に子犬にとっては良くない環境なのです。

世界ではアメリカやフランスなどでは犬をショーケースなど入れて展示販売をすることが法律によって禁止されています。犬によってはストレスを感じる犬もいるためです。

さらに、皆さんは子犬たちがどうやってペットショップにやってくるのかご存じでしょうか。それは主に、業者の行っているオークションで競り落とすという場合と、ブリーダーから買い取るという場合があります。

特に前者では、産まれてまもなく親犬から引き離されることが心の負担になり、不安になっている子犬やストレスを感じている子犬がいます。あまりにも親犬を引き離されるのが早いと、きちんとしつけをしても
人のいうことを聞かない犬になりやすいというデメリットもあります。

ペットショップの子犬たちはみな無邪気で可愛いですが、もしかしたらそこに来るまでの間に問題があるかもしれないことを覚えていて下さい。

いつもはショーウィンドウに入れられていても、定期的に数匹ずつ外に出して遊ばせてあげているようなショップなどは良いショップであるといえるでしょう。

スポンサーリンク