トリマーになるには資格が必要ありません。そのため通信制と定時制の学校の2種類ありどちらに通えば良いか迷ってしまいますよね。私もはじめは悩んだものです。そこで通信制と定時制のメリットとデメリットを考えてみました。

通信制学校で学ぶ内容とメリット・デメリット

通信制のトリマースクールで勉強をする流れの例ですが主に自宅で行うのが特徴です。カットの方法などがまとまったDVDを見ながら犬のマネキンを使用してカットの勉強をします。教科書にはカットだけでなく爪切りや耳掃除の仕方、犬の体の名称なども書かれているので独学で学習をします。

価格は定時制よりも圧倒的に安い20万~です。安さもとても魅力的ですが何よりも時間に縛られないので自分の好きなタイミングで勉強が進められることがメリットです。通信制の学校によっては本物の犬で実践できる実技やセミナーも開催しているので確認をしてみましょう。

通信制のメリット
・定時制よりも費用が安い
・自分の好きな時間に勉強ができる

通信制のデメリット
・本物の犬に触れる機会が少ない
・自分で学習管理しないと勉強が進まない

スポンサーリンク



定時制学校で学ぶ内容とメリット・デメリット

一方平日の昼間など決まった時間に学校に通う定時制のトリマースクールでも通信制と同様に教科書があります。通信制と大きく違う点は先生がいることです。机に座って先生から教科書の内容について詳しい説明を受けたり、実技でもその場ですぐ確認をしてもらうことができます。

仲間・友人ができることも大きなメリットです。「学校は学ぶところ。友人を作る場所ではない」という人もいると思いますが親しくならずとも同じ志をもつ人(トリミングが好き)と一緒に同じ空間で勉強することはモチベーションアップにつながります。

学校に通っていると、その業界にいる人と関われるので刺激ももらえますし、情報をたくさん入手することが可能です。就職先に関しても実績がある学校であれば卒業生がいる(経営している)職場を紹介してくれる可能性もあります。正直就職するときのことを考えれば圧倒的に専門学校通ったほうがメリットが多いと感じました。

定時制のメリット
・本物の犬に触る機会が多い
・疑問や質問があれば先生にすぐ聞ける
・まわりの人間と情報交換ができる
・就職先を紹介してくれる

定時制のデメリット
・通信教育に比べて費用がかかる
・何ヶ月~何年も通う必要がある
・勉強時間が決められているので拘束される

定時制に通うほうがおすすめ!趣味程度なら通信制でも良いかも

私が実際にスクールに通ってみた感想としては圧倒的に定時制に通って学ぶほうがおすすめだと思いました。

せっかくお金を払うのであれば、はさみの持ち方から犬の扱い方まで細かいことをその道のプロにきける環境に自分の身をおいたほうが確実なスキルアップにつながります。特にスクール卒業後、トリミングを仕事にしたい人はたくさんの犬を経験するほうがスキル上達の早道になるでしょう。

ただしスクールに通うということはたくさんの費用と時間がかかるので通信制を選ぶのもひとつの道であるといえます。仕事には絶対しない、あくまで愛犬をカットしてあげたいという趣味程度だったら通信制を選択するのも良いといえるでしょう。

「自分はどうしてトリミングをしたいのか」「将来どうなりたいのか」を考えることでどちらに通ったほうが良いか見えてきます。後悔のない選択を!自分の方向性をよく考えて決めましょう!

スポンサーリンク